ライブチャットで働くのは危険?どんなリスクがあるの?

2019年1月31日

チャットレディの仕事に興味があるけど・・・一歩踏み出せない・・・

その理由の1つとして、

「危険な(怪しい)仕事なんじゃないか?」

といった、「不安」を抱いてしまうことが挙げられます。

いくら一般的な・珍しくない仕事となってきた現在でも、
”チャットレディ”という響きには、なんだか怪しいイメージがあることは事実です。

そして実際に働こうか迷っている時には、より気になってしまうものです。

エッチなことを無理矢理やらされるんじゃないか?

怖い人が運営しているんじゃないか?

しかしながら、少なくとも現在は「そんなことはない」と言えます。

もしかしたら、昔はそういったサイト・運営会社もあったかもしれませんが
今の時代は”そんなことをしている会社”というのは、存続できません。

「怪しいと思われがちな業界」だからこそ、法律やコンプライアンスを非常に注意しています。

チャットレディの仕事は、時と共により”まっとうな仕事”に近づいているのです。

大企業が運営しているサイトも増えており、

というよりも、

ある程度規模がある会社が運営するサイトが、最終的に生き残る傾向があります。

そういった会社・サイトというのは、より「ルール」が厳しいものとなります。

「キャバクラ」よりもはるかに安全な仕事

そもそも、ネット・ITがそれほど一般的ではない時代に
チャットサイトを利用する人というのは、いわゆる”マニア”というような人でした。

そういったこともあり、「ディープな世界」という印象もあったことは確かです。

しかしながら現在は、ネット環境が非常に一般的なものとなっており
チャットサイトを、単なる娯楽・自宅で楽しめるキャバクラ感覚で利用している人が多いのです。

そして、ライブチャットサイトでチャットレディとして働くことは
キャバクラやスナックといった、「夜のお店」で働くよりもはるかに安全です。

実際には”チャット”ということからも、ネット環境を介した<おしゃべり>であり
やっていること・必要なことは、「ビデオ通話」と何ら変わりありません。

ただし、多くの女性が登録しているライブチャットサイトの中から
「指名」されることで、「会ったことのない人」とお話することは
キャバクラや、ガールズバーと近いコンセプトであることは事実であり
そういった面も含めて、やはりリスク等が気になることは当然のことと思います。

ただし、まず言えることとしては<物理的な接触がない>ことです。

  • おさわり
  • 同伴
  • アフター
  • それらに無理強い

そういたことを心配する必要がありません。

この点において、キャバクラといった接客業と最も異なる点です。

同じコンセプトでありながら、内容は全く違います。

キャバクラで働くのは抵抗がある女性や、
キャバクラで働くのが嫌になってしまった女性というのは、
上記したようなトラブルが理由であることが多いです。

そういった心配がないことから、ライブチャットサイトに移行している女性もいます。

  • 面と向かって話すのは苦手
  • ”おさわり”といったことは絶対に嫌だ

という女性からも、選ばれる理由でもあります。

もちろん、住所を特定するものを映さなければ「ストーカー」の被害にあうこともありません。

「肉体的な接触」という、女性にとって最大のリスクは最初から考える必要がないのです。

  • キャバクラは怖いけど・・・おしゃべりは得意
  • 面と向かっては嫌だけど・・・画面越しなら

という女性こそ、ライブチャットサイトに登録するべきです。

>>一番おすすめのチャットレディプロダクションはこちら

知っている人に見られる「身バレ」する確率は?

ライブチャットサイトで働くことを考えた際に、最も気になることは「身バレ」と思われます。

この身バレというのは、「100%ない」とは言えないものです。

が、しかし

基本的には、”探そうとしなければ見つけられない”ものでもあります。

バレてしまう理由としては、”偶然見つかる”というケースが90%です。

「偶然知り合いがチャットレディサイトを見ていた」というものであり、
それも自分が登録しているサイトに、自分が待機している時間に、という場合です。

あの人がどんな仕事をしているのか

念のためにチャットサイトを探してみよう

というケースは、”ほぼない”と言えます。

「Facebook」といったSNSよりかは、偶然に見つかる確率は低いと言えます。

それは「ネットの海」では、顔と名前が一致しなければ見つけられないためです。

それでも見つかってしまうケースというのは、全くないわけではありませんが・・・

正直言って、これは「運」です。

身バレのリスクを下げる方法

あらゆるリスクは、<できる限り低くする>しかありません。

「偶然」に関しては、完全に避けることはできませんが
<工夫>をすることで、少しでも可能性を減らすことはできます。

こと身バレの問題に関しては、「プロフィール」をいじることが最も単純で効果的です。

ライブチャットサイトで働く際には、いわゆる「源氏名」を使うことができます。

また「出身地」といったものも、ごまかせるならごまかすしましょう。

(嘘は、一般的に「バレても怒られない程度」に抑えることも大切ですが・・・)

更に「どうしても顔バレ」を防ぎたいのであれば、「顔出し」をしないことでもできます。

また、基本的に売上は下がってしまいますが「マスク」をして働くこともできます。

実際に、露出範囲が高い女性・ジャンルほど「マスク率」は高いです。

ただしアダルト・ノンアダルトに関わらず、顔出しをした方が稼げることは事実です。

その点は理解されている方も多いと思われますが、この辺は自分の”匙加減次第”と言えます。

最低限のリスクコントロールはしておくべき

これは、「しっかりと対策してください」としか言えません・・・

もちろん、「家族(パートナー)に相談して、了承してもらって働く」ということがベストであり
そういった主婦の方もおり、そういった人というのは”働きやすい分より稼ぎやすい”と言えます。

しかしながら、実際には”秘密のアルバイト(へそくり目当てが最も多いです)”として
取り組む方が多く、<バレずにやっていきたい>というのが本音と思われます。

そのためには、

限られた条件(時間)の中できっちり稼ぐ方法

を、自分なりに見つけておくことが大切です。

また、「バレた時の言い訳」や「堂々と働く準備」を用意しておくことも必要です。

ちなみに・・・

「自宅でできるテレオペのパート」という言い訳がおすすめです。

始めるなら”とりあえず大手”がおすすめ

あらゆるリスクを考えた際に、基本的な鉄則として<大手サイトで働く>ということがあります。

それは「サポート」や「保証」といったものが安定していること
あらゆる意味で、安心して働くことができるためです。

働いている女性が、「身バレ」や「顔ばれ」を恐れていることは十分に分かっています。

そういった点に関するアドバイスを、公式サイトで行っていたいたりと
「働く側」のことをより考えているのも、やはり大きなサイトである傾向があります。

また「利用側」に対しても、大手サイトがおすすめであり
実際にライブチャットサイトで遊ぶ男性は、やはり大規模なサイトを選びます。

「稼ぎやすさ」と「安心感」を両立できる点からも、必ず大きなサイトを選ぶべきなのです。

>>チャットレディ業界最大手の代理店はこちら